2015年07月03日

香川県展出品作品2

やっと作品の搬入日、3日ある搬入日の初日に張り切って夫婦で搬入に。
受付を済ませ大型作品搬入口に車をバックでつけていざクレーンで作品を吊ってもらうため荷ほどきをしている時、県展担当の方から一言。
これ2メートル以内におさまってます?
えっと2メートル35ですが、、と僕。
2メートル以上の作品は規定外で受付出来無いんですが。
と言いづらそうに担当の方。
その瞬間、正に頭の中が真っ白に
えーーー
とにかく久しぶりです。こんなにショックを受けたのは。
それまで作品の占有面積が2平方メートル以内という事しか頭になく
まさか長さの規格で引っかかるとは思ってもいなかった。
受付出来ないという事で申し込み用紙を返してもらいながらもまだ唖然とする嫁と僕。
とにかく次の搬入の方がいるので早急に荷造りして外へ
車を道路脇に停めてしばらくどうにかならないか考えたけど諦めて帰るしか無かった。
どうにか策は無いか思案するもいいアイデアも出ず、作り変える時間も無いし
その夜は悶々としてなかなか寝付けなかった。

そして次の日の夕方、別の用事でタイミング良く田淵太郎が工房に。
どうしても諦めきれないぼくは
彼に相談に乗ってもらい
クレーンで作品を吊ってどの形だったら規定サイズに収まるかを絞っていき
何とかこの形だったらコンセプト、タイトルも考えれそうやなという落とし所を模索。
サイズが何とかなるんだったら出すべきでしょう。
彼の言葉に後押しされてもう一度チャレンジする事に。
そんでその夜勢いで手直し。
なんせ明日は運動会。
途中で抜けて搬入に行くには今日中に仕上げないと。
期限は搬入最終日の明日の5時。
もう必死だったなー
そうして仕上げてトラックに積み込み、荷造りして明日の万全を再確認。

次の日子供の競技もそこそこに昼前に搬入へ
勢いで作ったので強度が不安な事もあり物凄く慎重に運転。
ここで壊れたら何もかも水の泡。
そう自分に何度も言い聞かせた。
そうして県立ミュージアムに到着。
再度そう仕込み用紙を提出。
2回目の搬入口。
同じ担当の方だった。
諦めきれず作り直して来ましたって言ったら、もしかしたらもう一度チャレンジしてくれるかなと思ってました。
そう言ってくれたのが物凄く嬉しかった。

無事搬入を終えて運動会に駆けつけると
ちょうど終わったところ。
ごめんね娘達。





posted by コジロー at 18:41| 香川 ☁| Comment(0) | トライアンフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。